• ごあいさつ
  • JAAニュース
  • 活動実績
  • アニメーション
  • 世界のアニメーション
  • フェスティバル情報
  • JAA会員紹介
<{$xoops_modulename}>
日本アニメーション協会事務局に集まるニュースをお届けします。
2009-11-24 14:18
古川タク「プチ漫画」展会員の古川タクさんの展覧会のお知らせです。

古川タク「プチ漫画」展

DSiうごメモによるカンタン・アニメーション

art space kimura ASK?
東京都中央区京橋3-6-5 木邑ビル2F
11月24日(火)〜12月3日(木)
11:30〜19:00(最終日は17:00まで)
日曜休廊

詳しくは 
http://www2.kb2-unet.ocn.ne.jp/ask/default.htm

2009-11-22 13:25
協会員情報会員情報です。

鉄道写真家として有名な南正時さんが、講談社から蒸気機関車の写真エッセイを出しました。機関車ファンであった日本を代表する名アニメーターの大塚康生さんについても紹介されています。

疾駆!〜昭和の蒸気機関車 遥かなる旅路
著者:南正時
出版:講談社
2009-10-25 13:41
イントゥアニメーション5横浜 FDからご挨拶秋の好天の下、横浜赤レンガ倉庫にて4日間の短編アニメーションの祭典は予想以上の来場者に恵まれて無事幕をおろすことが出来ました。
これもご来場いただいたお客様、横浜市をはじめご協力くださった諸機関方々、上映許諾くださった諸団体、ゲストの皆様、ボランティアでお手伝い下さった方々の御厚意ご尽力の賜物です。日本アニメーション協会会員一同より心から御礼申し上げます。ありがとうございました。
アニメーション関係者がまさに会場を創り観客と接した手創りのアニメーション映画祭。これほどの規模は世界でも類を見ません。
前回を大幅に超えた上映作品数、横浜ならではのオリジナル企画、海外特集、音楽との新しい試みや教育者が錬磨してきた体験ワークショップ、作家が会場にいるからこそ実現したトークサロン、世界のアニメーション作家の写真展や 赤レンガを背景にお出迎えした鉄の1/1スコープドッグetc.
多くの来場者から寄せられた「楽しい」は、まぎれもないプロの技術とハートに支えられています。
入場無料が実現できたのも、JAA会員それぞれがアニメーションへの想いを核に長い間無償で重ねてきた準備と賛同者とのハーモニーあってこそでした。
JAAが自信をもってお贈りした4日間の祭典
アニメーション世界の魅力を発見していただけたならこれ以上の喜びはありません。
いたらぬ点もありましたがご容赦いただければ幸いです。
またお会いできる日をお楽しみに

2009年 10月 20日
「イントゥアニメーション・5横浜」フェスティバルディレクター     伊藤有壱
2009-10-23 16:43
協会員情報「大山慶のアニメーション」

協会員の大山慶さんのアニメーション作品がアップリンク・ファクトリーにて一挙劇場公開されています。
大山さんの作風は一見グロテスクに見えますが、その他に類を見ない独特且つ強烈な質感は、彼にしか描けない唯一無二の表現であり、その強さは作品に表わされる性や死をより鮮やかに引き立たせて、見る者の心の更に奥へと響いていきます。百聞は一見にしかず。是非劇場で御覧下さい。

期間:10月22(木)〜25日(日)
場所:アップリンクファクトリー 渋谷区宇田川町37-18トツネビル

上映後大山慶とゲストによるトークがあります。
22日(木)19:00〜黒坂圭太
23日(金)19:00〜山村浩二
24日(土)15:00〜鈴木卓爾
25日(日)15:00〜和田敦 道川真人 土居伸彰
 
2009-10-23 16:42
イントゥアニメーション終了致しました16日から19日まで横浜赤レンガ倉庫で行なわれていたイントゥアニメーション5は大盛況のもと、本日閉会致しました。会期中には平日休日共に多くの方に御来場頂き誠にありがとうございました。上映や展示だけではなく、18日に行なわれたヒモネスを迎えての「キッズ・スペシャル」や、サロンも多くの方々に楽しんで頂けた模様で、各担当者並びに協会員一同大変嬉しく思っております。グッズコーナーも活気にあふれておりました。
イントゥアニメーションが第5回まで続く事が出来たのも、ひとえに多くのお客様のお力によるものです。皆様のあたたかい拍手や声援は各作家にとって制作の糧になります。そして今回のイントゥには多くの次世代を担う学生ボランティアも参加してくれました。2階受付や3階会場内の誘導などの場で忙しく働いていた彼らが、数年先には出品者として壇上に上がるかもしれません。是非ボランティアのみんなの事も記憶に留めて頂ける事を切に願います。
次回イントゥ6は○○年!と申し上げる事は出来ませんが、必ずどこかで行なわれる事と思います。それまでイントゥで頂いたあたたかい拍手を是非送り続けて下さい。協会員一人一人がそれを力に変えて、きっとまた皆様に素敵な作品をお届けする事が出来るのではないかと思います。本当に4日間赤レンガ倉庫に御来場頂き、ありがとうございました。
文:web担当 写真:(C)南正時/JAA
2009-10-17 0:07
イントゥが始まりました。16日金曜、イントゥアニメーション5・イン横浜が開幕しました。会員プログラムはもちろん特別企画も盛りだくさんです。平日にも関わらず足をお運び頂いた皆様、たいへんありがとうございました。そして是非明日も明後日も、最終日も皆様のお越しをお待ちしております。
明日からはワークショップがいよいよ本格的に始まります。
web予約をイントゥ特設サイトにて募っておりましたが、場合によっては当日の飛び込みも可能です。
そしてサロンでは、南正時さんが撮りためた作家たちの秘蔵写真が一挙公開のトーク、山村浩二監督によるNFBトーク(性的な作品を取り扱う事もあり、18歳以上を対象としています)があります。他にも会場でしか分からない情報もあるかもしれません。
3日目も伊藤有壱フェスティバルディレクターによるワークショップに、ライブ演奏付き特別プログラム「キッズ・スペシャル」「海のピクニック」!
お子さんも楽しめるイベントを用意しておりますので、親子連れでお立ち寄りください。会場入口には会員である高橋洋輔監督の「ボトムズ」の1/1モデルも展示されております。
残り3日。短編アニメーションの祭典で過ごしてはいかがでしょうか。
2009-10-13 2:29
今週金曜日から横浜赤レンガにて!いよいよイントゥアニメーション5横浜が今週16日金曜日から始まります。現在、カンヌ映画祭出品作家やアカデミー監督などがせっせと手作りでパネル貼り等の作業をしております。そうです、イントゥは基本的に協会員の手作りイベントなのです。会場整理も、受付も、司会も、上映作品のテープチェンジもほとんどが協会に所属する作家によって行なわれます。ですから上手くいかない事もあるでしょうが、大目に見てください。その代わり、会場には多くの作家や研究者の方々がそこかしこをウロウロしていると思いますので、是非温かい言葉をかけて頂ければ幸いです。また、作品を見てほしい学生さん等がいる場合は、DVDなどを持参して手渡す事も可能ですので、会場を交流の場にしてもらえるとよりアニメーションが発展していくのではないかなと思います。
16日(金)〜19日(月)の4日間、横浜赤レンガ倉庫2F、3Fにてお待ち申し上げます!
2009-9-29 21:53
シネマコリア2009 韓国古典アニメ特集今年のシネマコリアは、韓国の古き良きアニメ映画を上映。監督をお招きし、黎明期の韓国アニメの話しを伺います!上映作品は『少年勇者ギルドン』(1967)と『ロボット・テコンV』(1976)。いずれも韓国では長らく「幻の作品」 となっていましたが、近年フィルムが発見され、復元&復活上映された韓国を代表する名作古典アニメです。当日は「韓国アニメの父」ともいえる両作品の監督が来場。韓国アニメーション黎明期をリアルタイムで知るVIP2名による来日トークは、これが最初で最後かも?!2009年秋、韓国アニメを発見する!

●キャッチコピー 「発見! 黎明期コリアン・アニメーションの世界」
●開催日:11月7日(土)
●会場:愛知芸術文化センター 12階アートスペースA
日付 開場 開演 作品名
11月7日(土) 12:40 13:00 『少年勇者ギルドン』(75分)
15:10 15:30 『ロボット・テコンV』(80分)
17:40 トーク「韓国アニメーションの黎明期」(80分)
『少年勇者ギルドン』
韓国/原題ホン・ギルドン/1967年/75分/監督シン・ドンホン/日本語吹替版
ハングルで書かれた最古の小説『洪吉童伝』の主人公としてお馴染み、義賊のヒーロー、洪吉童(ホン・ギルドン)の活躍を描いた韓国初の長編劇場アニメ。
『ロボット・テコンV』
韓国/1976年/80分/監督キム・チョンギ/日本語字幕付
韓国人なら知らぬ者のいないロボット・アニメの代表作。1976年に劇場公開されるやいなや空前の大ヒットとなり、韓国に劇場アニメ・ブームをもたらした。

主催?シネマコリア http://cinemakorea.org/
お問い合わせ:シネマスコーレ TEL052-452-6036

<シネマコリア企画担当者様よりご連絡頂きました。本内容に関しましては、当協会ではなく上記のお問い合わせ先へよろしくお願い致します。>
2009-9-16 17:55
イントゥ・アニメーション・横浜 続報今までプレスのみの公開とさせていただいていたイントゥアニメーションのwebサイトが14日から一般向けに公開されております。各上映の詳細及びタイムテーブルなどは詳細が固まり次第随時お知らせする予定です。
ご質問などがございましたらイントゥサイト内の『お問い合わせ掲示板』にご自由にご記入ください。(イントゥ以外のお問い合わせは、今まで通り当サイトのお問い合わせからメールをお送りください。)
イベント開催まで1か月を切りました。是非お越し下さいますようよろしくお願い申し上げます。

アドレス(左バナーからもリンクしてあります)
http://www.jaa.gr.jp/into5
2009-9-4 17:55
ICAF2009全国の大学、専門学校などでアニメーションを専門的に学んでいる学生作品を一同に集めたインター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル(ICAF)が、今年も六本木の新日本美術館で開催されます。
「所詮学生作品」ではありません。誰しも全てはここから始まります。次世代を担う学生の作品を、是非足を運んで見ていただきたいと思います。

公式サイト  http://www.icaf.info/top.htm

東京上映会期
 2009.9.11(金)− 9.14(月)

京都上映会期
 2009.9.21(月)− 9.23(水)

東京会場
 国立新美術館 3F 講堂及び研修室A
 東京都港区六本木7−22−2
 http://www.nact.jp/(別窓)

京都会場
 京都国際マンガミュージアム 1F多目的ホール
 京都市中京区鳥丸通御池上ル(元龍池小学校)
 http://www.kyotomm.com/ (別窓)

« 1 ... 10 11 12 13 14 15 16 17 18 (19) 20 21 22 23 24 25 26 27 28 ... 31 »

▲このページのトップへ戻る

ホームごあいさつJAAニュース活動実績アニメーション世界のアニメーションフェスティバル情報JAA会員紹介お問い合わせサイトマップ|English