• ごあいさつ
  • JAAニュース
  • 活動実績
  • アニメーション
  • 世界のアニメーション
  • フェスティバル情報
  • JAA会員紹介
イントゥ・アニメーション6
JAAニュース
日本アニメーション協会事務局に集まるニュースをお届けします。
2012-11-26 12:23
お問い合わせのご注意平素より日本アニメーション協会WEBサイトを御覧いただき、
ありがとうございます。
当協会は任意団体として活動を行っており、運営は会員間で
行なっております。所属されている方はアニメーション作家
および研究者となります。
お問い合わせいただいた際はなるべくご返答するようにして
おりますが、回答出来かねる場合もございます事をご了承下
さい。お問い合わせをされる前にお気をつけていただきたい
点がございますので記させていただきます。

1)協会としてアニメーションに関する資料などの所有、著作
権の管理などはしておりません。よって、上映の手配、資料の
提供などを行なう事は出来ません。

2)国外からのお問い合わせの際によくあるご質問ですが、
協会の運営の拡大、海外資本との提携などを行なう予定は
ございません。

3)協会への訪問をご希望される方がいらっしゃいますが、当
協会は事務所を持っておりません。基本はお問い合わせのメー
ルでのご連絡とさせて頂いております。

何卒ご理解いただけますよう宜しくお願いいたします。
2012-11-20 23:04
久里洋二の全仕事 疾走する! 1000本のアニメーション名誉会員の久里洋二さんの作品が一挙に上映されます。

【特集上映】『久里洋二の全仕事 疾走する!1000本のアニメーション』
【開催期間】2012年11月21日(水)〜12月9日(日)
       月・火休館(11/26,11/27、12/3、12/4)
【チケット】1回券700円、3回券1500円
【開催場所】アート・アニメーションのちいさな学校劇場
〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北2-12-19 聖観ビルB1F
(JR阿佐ヶ谷駅より徒歩5分)
http://www.laputa-jp.com/school/kuri_screening.html
2012-11-19 23:19
「12人の贈り物展」会員の西内としおさんからお知らせです。

今年もまたまた「12人の贈り物展」を開催いたします。
19年目!となる今回のテーマは「HOME」です。
12月3日(月)〜9日(日)まで開催しておりますので、
よろしかったら気軽にのぞいてみてください。
アットホームな雰囲気でお待ちしております

「12人の贈り物展」
12月3日(月)〜9日(日)
11:00〜19:00(9日は16:30まで)
東京都渋谷区神宮前4-26-18
原宿ピアザビルB1F アッセンブリーホール
2012-11-3 21:28
古川タク会長叙勲アニメーション作家でイラストレーターである当協会会長の古川タクさんが
旭日小綬章を受章されました。

古川タク会長
アニメーション作家、イラストレーター、絵本作家。

1941年、三重県に生まれる。在学中に、ノーマン・マクラレンや久里洋二の作品に出会う。
63年に久里洋二実験漫画工房入社、アニメーションの技法と思考を学ぶ。
70年に独立してタクン漫画BOXを設立。
69年より『牛頭』(第7回アヌシー映画祭入賞)を始めとしてシンプルな短編アニメーションの傑作を次々に発表している。

イラストレーターとしても67年に椿近代画廊で初めての個展を開き、画集『ザ・タクンユーモア』(79年、第25回文芸春秋漫画賞)ほか、数々の画集・絵本を著す。

NHKのテレビ「みんなのうた」のアニメーション、CMアニメーションなどで幅広く活躍。
現在、日本アニメーション協会会長、
東京工芸大学客員教授。
自称、日本一のマイクロぜんまい玩具のコレクター。 
2012-10-13 10:35
「三々五々市 art&culture」会員のこぐまあつこさんからです。


「三々五々市 art&culture」

「銀の音色・浜田」主催の “artとculture”のお祭りが、島根県浜田市で
開催されます。個人作家の作品展示に販売、コンサートにワークショップ、アニメーションの上映会、地元の食材を使ったお料理やお菓子の屋台出店など、盛沢山です♪ お近くの方は、ぜひ、遊びにいらっしゃって
ください。

●日 程:H24年10月20日(土)10:00〜17:00
           21日(日)10:00〜15:30
●場 所:国府公民館宇野分館
      浜田の廃校になった小学校がイベント会場になります。
●入場料:無 料
●主 催:銀の音色・浜田      
-------------------------------------------


「三々五々市 art&culture」
 アートアニメーション上映会・短編フィルムマラソン

●タイムスケジュール:H24年10月20日(土)・21日(日)
 (1)10:30〜 (2)11:30〜 (3)12:30〜 
 (4)13:30〜 (5)14:30〜 (6)15:30〜

 *上映時間:1プログラム、大体40分以内です。

●場  所:国府公民館宇野分館内
●入場無料 *各上映開始時間にお集り下さい。(入れ替え制)

*******************************************

★プログラム_1(立体アニメーション特集)
 1. 細川 晋 『雨童子』
 2. 森田志穂 『10本の白い足』
 3. Qwifilm 
『KUROMAMEの札幌誕生 +  KUROMAME HAPPY LAND』
 4. オカダシゲル 『コットングローバーズ ハロウィン編』
 5. こぐまあつこ 『雪渡り』 原作/宮沢賢治


★プログラム_2(歌ものなど、いろいろなアニメーション)
 1. 池田爆発郎 『ものすごい勢いで枯死再生を繰り返す花』
 2. 一瀬皓コ   『ウシニチ』
 3. 荒井知恵   『HAPPY BIRTHDAY -collection-』
 4. 若見ありさ   『blessing-さずかりもの』 
 5. やたみほ    『cherish garden』
 6. うるまでるび 『くさびる』
 7. 上甲トモヨシ 『BUILDINGS』
 8. うるまでるび 『ハイレグパンダ』
 9. ブ・カントク 『みんなのぶた「節電のうた」』
 10. 西内としお 『がんばれニムニム  〜ニムニムのたこあげ〜』
 11. こぐまあつこ 『Fairy Land』


★プログラム_3(いろいろな手法のアニメーションA)
 1. 若見ありさ   『Oneday』
 2. 荒井知恵   『DREAMS』
 3. 合田経郎   『ぼくもくま』
 4. こぐまあつこ 『虹のきずな』


★プログラム_4(おもしろアニメーション)
 1. こぐまあつこ 『ピクニック・リュックサック』
 2. ボムフォー64(池田爆発郎+森田宏幸)
『横浜お知らせ/YOKOHAMA禁煙』
 3. うるまでるび 『にぎり』
 4. うるまでるび 『ミスターでかあたま』
 5. うるまでるび 『ロケッペ』
 6. 土田ひろゆき 『LEGO ANIMALS "A to G"』
 7. 池田爆発朗 『PiNMeN/ピンメン』Episode08
 8. 池田爆発朗 『PiNMeN/ピンメン』Episode19
 9. 池田爆発朗 『PiNMeN/ピンメン』Episode20
 10. 中西義久        『Lady.....Go!!』 
 11. 福島 治        『修行中でござる』


★プログラム_5(いろいろな手法のアニメーションB)
 1. こぐまあつこ 『ユーナの樹とトモダチ』
 2. うるまでるび 『テテメテ ホットケーキの巻』
 3. うるまでるび 『テテメテ バンジージャンプの巻』
 4. うるまでるび 『テテメテ おばけの巻』
 5. 中西義久    『many go round』
 6. きら けいぞう 『NHK ETV 「みいつけた!」
イスダンスより .錺襯帖(銭湯)  
 7. きら けいぞう 『NHK ETV 「みいつけた!」
イスダンスより ▲蹈奪 (オバケ屋敷)
 8. きら けいぞう 『NHK ETV 「みいつけた!」
イスダンスより ハワイアン (プールサイド)
 9. G9+1    『TOKYOファンタジア』
 10. 坂井 治    『NO RAIN NO RAINBOW』
 11. 横須賀令子 『さくらとモコ』


★プログラム_6 (少し大人向けのアニメーション)  
 1. こぐまあつこ 『赤い靴』
 2. 古川タク  『クリプリ*クリプラ』
 3. 辻田幸廣    『GREY TOWN』
 4. G9+1    『穴』

2012-10-8 16:31
第9回文化庁映画週間 シンポジウム -MOVIE CAMPUS-会員の山村浩二さんからのお知らせです


第9回文化庁映画週間 シンポジウム -MOVIE CAMPUS-

http://bunka-cho-filmweek.jp/ 

様々な立場の映画人を迎え、映画文化の最新動向をアカデミックな
視点で紹介します。

■シンポジウム‐MOVIE CAMPUS‐

会 期:2012年10月26日(金) 
第一部 13:00〜15:00     
       休憩〜名刺交換会 15:05〜15:40 終了予定
第二部 16:00〜18:00
場 所:六本木アカデミーヒルズ49 タワーホール 
申込み:入場無料、事前申込み制(10月14日応募締切)
    ※定員に達し次第、申込みは締切りとなります。

 お申込みフォーム
    ↓
 https://fofa.jp/tiff/a.p/153/

-------------------------------------------

*山村さんは第2部のシンポジウムに登壇予定です。
詳細は<文化庁映画週間>の公式WEBでご確認下さい。
2012-10-6 21:31
『大塚康生・南正時 機関車少年だったころ」2012年10月12日(金)〜10月31日(水)
11時開廊〜18時閉廊 定休日=木曜日 入場無料

ギャラリィ・ゴーシュ 電話03-3393-3449
167-0051 杉並区荻窪5-10-22美好屋ビル2F
JR中央線総武線、丸ノ内線「荻窪」駅下車、南口徒歩5分

企画・主催 日本アニメーション文化財団 
協力:アニドウ

「ルパン三世」を創った伝説のアニメーター大塚康生は、鉄道写真家の
巨匠も誕生させていた!
40年前の出会いが、ここに初めてのコラボとして結実し、蒸気機関車の魅力がギャラリーでばく進する!!
2012-9-18 23:57
高橋克雄監督作品特集高橋克雄監督作品特集
9月23日(日)

映画上映会・トーク
立体人形アニメーション映画監督 高橋克雄の世界


上映作品
『一寸法師』『かぐやひめ』『野ばら』
その他'50年代後半〜'60年代製作作品
(声の出演: 増山江威子 七尾伶子 桑山正一 他) 

今年度、広島国際アニメーションフェスティバルで公開された作品の他、テレビ開局時代の超レアな立体アニメーション作品などをご紹介。
高橋の愛用したミッチェル35ミリ、シネスぺ16ミリ、シナリオ、実際の撮影で使われた人形等の展示もございます。
映画の解説の他、テレビ開局時代のテレビ局秘話や特撮苦労話などのトークもまじえ、銀座平野園特製抹茶プリン、ドリンクサービス、高橋の作品のDVDのプレゼントもございます。
皆様、どうぞお楽しみください。

開催場所 
喫茶茶会記
新宿区大京町2-4 1F
03-3351-7904

開催時間 14:00開場 14:15開始

会費 5,000円(ドリンク、抹茶プリン、高橋克雄作品DVD一枚付き)

お問い合わせ先
東京中央プロダクション・高橋克雄著作権事務所
電話03-3541-7244 
E-mail:kariko.tcp@email.plala.or.jp

※ 会場が狭いのでご参加いただける場合には失礼のないよう、お手数ですが事前にご一報いただけると助かります。
2012-9-18 10:53
インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル(ICAF)2012日本アニメーション協会が共催をしているICAF2012のお知らせです。
ICAFは、アニメーションを専門的に学ぶことのできる教育機関が推薦する学生作品を一同に集めた、学生のため本格的なアニメーションフェスティバルで、今回で10周年を迎えます。

■会期:
◎本大会 東京会場
会期:9月27日(木)〜30日(日)
場所:国立新美術館3F講堂(最大260席)
入場無料
講堂とは時間をずらし、研修室でも上映予定です。

東京本大会のあと、以下の日程で地方大会も行われます。
◎札幌会場
2012.10.11(木)〜 14(日)
北海道安達学園大通公園ホール
◎京都会場
2012.10.18(木)〜 21(日)
京都国際マンガミュージアム
◎金沢会場
2012.11.08(木)〜 11(日)
金沢21 世紀美術館

◎地方会場での上映やその他詳細につきましては
公式web→http://icaf.info
facebook→http://www.facebook.com/InterCollegeAnimationFestival
Twitter→https://twitter.com//ICAF_info

2012-8-29 19:21
第14回広島国際アニメーションフェスティバル閉幕2年に1度の祭典、第14回広島国際アニメーションフェスティバルが8月23日(木)から27日(月)の5日間に渡り開催されました。
応募総数2,110作品の中から、国際選考員によって66作品に絞り込まれました注目のコンペティションでは、JAAからは山村浩二監督「マイブリッジの糸」、和田淳監督「グレートラビット」が優秀賞に輝きました!おめでとうございました!!
なお、グランプリ 「ネコを埋葬するネズミを見た」を含む入賞作品は以下の通りとなります。

◎グランプリ
 「ネコを埋葬するネズミを見た」 "I saw mice burying a cat"
ドミトリー・ゲラー/Dmitry Geller

◎ヒロシマ賞
 「カリ、ザ リトル バンパイヤ」 "KALI, THE LITTLE VAMPIRE"
レジーナ・ペソワ/Regina Pessoa

◎デビュー賞
 「スティッキー エンズ」 "Sticky Ends"
オスマン・セルフォン/Osman Cerfon

◎木下蓮三賞
 「布団」 "Futon" 水尻自子/Yoriko Mizushiri

◎観客賞
 「ヘッド オーバー ヒールズ」 "HEAD OVER HEELS"
ティモシー・レカート/Timothy Reckart

◎国際審査員特別賞
「チンティ」 "Chinti" ナタリア・ミルゾヤン/Natalia Mirzoyan
「トラム」 "Tram" ミカエラ・パヴラトヴァ/Michaela Pavlatova
「サンディ」 "SUNDAY" パトリック・ドヨン/Patrick Doyon
「ウルサス」 "URSUS" レイニス・ペーテルソヌス/Renis Petersons
「ビューティフル デイ」 "It's such a beautiful day"
ドン・ハーツフェルト/Don Hertzfeldt

◎優秀賞
「マイブリッジの糸」 "Muybridge's Strings"
山村浩二/Koji Yamamura
「グレートラビット」 "The Great Rabbit" 和田淳/Atsushi Wada
「小鳥と木の葉」 "The little bird & the leaf"
レナ・フォン・ドェーレン/Lena von Dohren
「ハウル」 "Howl" 
ナタリー・ベッテルハイム、シャロン・ミハエリ
/Natalie Bettelheim, Sharon Michaeli
「トゥ」 "TWO" スティーブン・サバトニック/Steven Subotnick

詳細は
http://hiroanim.org/
もご覧下さい。

« 1 2 3 4 5 6 (7) 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ... 30 »

▲このページのトップへ戻る

ホームごあいさつJAAニュース活動実績アニメーション世界のアニメーションフェスティバル情報JAA会員紹介お問い合わせサイトマップ|English