• ごあいさつ
  • JAAニュース
  • 活動実績
  • アニメーション
  • 世界のアニメーション
  • フェスティバル情報
  • JAA会員紹介
イントゥ・アニメーション6
JAAニュース
日本アニメーション協会事務局に集まるニュースをお届けします。
2012-9-18 23:57
高橋克雄監督作品特集高橋克雄監督作品特集
9月23日(日)

映画上映会・トーク
立体人形アニメーション映画監督 高橋克雄の世界


上映作品
『一寸法師』『かぐやひめ』『野ばら』
その他'50年代後半〜'60年代製作作品
(声の出演: 増山江威子 七尾伶子 桑山正一 他) 

今年度、広島国際アニメーションフェスティバルで公開された作品の他、テレビ開局時代の超レアな立体アニメーション作品などをご紹介。
高橋の愛用したミッチェル35ミリ、シネスぺ16ミリ、シナリオ、実際の撮影で使われた人形等の展示もございます。
映画の解説の他、テレビ開局時代のテレビ局秘話や特撮苦労話などのトークもまじえ、銀座平野園特製抹茶プリン、ドリンクサービス、高橋の作品のDVDのプレゼントもございます。
皆様、どうぞお楽しみください。

開催場所 
喫茶茶会記
新宿区大京町2-4 1F
03-3351-7904

開催時間 14:00開場 14:15開始

会費 5,000円(ドリンク、抹茶プリン、高橋克雄作品DVD一枚付き)

お問い合わせ先
東京中央プロダクション・高橋克雄著作権事務所
電話03-3541-7244 
E-mail:kariko.tcp@email.plala.or.jp

※ 会場が狭いのでご参加いただける場合には失礼のないよう、お手数ですが事前にご一報いただけると助かります。
2012-9-18 10:53
インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル(ICAF)2012日本アニメーション協会が共催をしているICAF2012のお知らせです。
ICAFは、アニメーションを専門的に学ぶことのできる教育機関が推薦する学生作品を一同に集めた、学生のため本格的なアニメーションフェスティバルで、今回で10周年を迎えます。

■会期:
◎本大会 東京会場
会期:9月27日(木)〜30日(日)
場所:国立新美術館3F講堂(最大260席)
入場無料
講堂とは時間をずらし、研修室でも上映予定です。

東京本大会のあと、以下の日程で地方大会も行われます。
◎札幌会場
2012.10.11(木)〜 14(日)
北海道安達学園大通公園ホール
◎京都会場
2012.10.18(木)〜 21(日)
京都国際マンガミュージアム
◎金沢会場
2012.11.08(木)〜 11(日)
金沢21 世紀美術館

◎地方会場での上映やその他詳細につきましては
公式web→http://icaf.info
facebook→http://www.facebook.com/InterCollegeAnimationFestival
Twitter→https://twitter.com//ICAF_info

2012-8-29 19:21
第14回広島国際アニメーションフェスティバル閉幕2年に1度の祭典、第14回広島国際アニメーションフェスティバルが8月23日(木)から27日(月)の5日間に渡り開催されました。
応募総数2,110作品の中から、国際選考員によって66作品に絞り込まれました注目のコンペティションでは、JAAからは山村浩二監督「マイブリッジの糸」、和田淳監督「グレートラビット」が優秀賞に輝きました!おめでとうございました!!
なお、グランプリ 「ネコを埋葬するネズミを見た」を含む入賞作品は以下の通りとなります。

◎グランプリ
 「ネコを埋葬するネズミを見た」 "I saw mice burying a cat"
ドミトリー・ゲラー/Dmitry Geller

◎ヒロシマ賞
 「カリ、ザ リトル バンパイヤ」 "KALI, THE LITTLE VAMPIRE"
レジーナ・ペソワ/Regina Pessoa

◎デビュー賞
 「スティッキー エンズ」 "Sticky Ends"
オスマン・セルフォン/Osman Cerfon

◎木下蓮三賞
 「布団」 "Futon" 水尻自子/Yoriko Mizushiri

◎観客賞
 「ヘッド オーバー ヒールズ」 "HEAD OVER HEELS"
ティモシー・レカート/Timothy Reckart

◎国際審査員特別賞
「チンティ」 "Chinti" ナタリア・ミルゾヤン/Natalia Mirzoyan
「トラム」 "Tram" ミカエラ・パヴラトヴァ/Michaela Pavlatova
「サンディ」 "SUNDAY" パトリック・ドヨン/Patrick Doyon
「ウルサス」 "URSUS" レイニス・ペーテルソヌス/Renis Petersons
「ビューティフル デイ」 "It's such a beautiful day"
ドン・ハーツフェルト/Don Hertzfeldt

◎優秀賞
「マイブリッジの糸」 "Muybridge's Strings"
山村浩二/Koji Yamamura
「グレートラビット」 "The Great Rabbit" 和田淳/Atsushi Wada
「小鳥と木の葉」 "The little bird & the leaf"
レナ・フォン・ドェーレン/Lena von Dohren
「ハウル」 "Howl" 
ナタリー・ベッテルハイム、シャロン・ミハエリ
/Natalie Bettelheim, Sharon Michaeli
「トゥ」 "TWO" スティーブン・サバトニック/Steven Subotnick

詳細は
http://hiroanim.org/
もご覧下さい。
2012-8-13 19:02
《HARBORTALE》渋谷ユーロスペース上映&ゲストトーク&アニメーションワークショップ会員情報です。

常任理事の伊藤有壱監督初の独立ネオクラフトアニメーション作品「ハーバーテイル」。
18分の短編作品ながら、6月にチェコ ZLIN国際映画祭にてベストアニメーション賞と観客賞ダブル受賞の快挙をうけてこの夏渋谷の名門ミニシアター「ユーロスペース」にて一週間限定で単独公開が決定!関連イベントも豊富です。

お誘い合わせの上ぜひご来場ください。

-------------------------------------------
《HARBORTALE》渋谷ユーロスペース上映8/18(土)ー24(金)
ゲストトーク&アニメーションワークショップ

★《トーク1》8/18(土)17:15の上映後のトークゲストはうるまでるびさん☆

「おしりかじり虫」「ウゴウゴルーガ『しかと』」作者のうるまさんはJAA理事。伊藤監督とは実は20年来の作家仲間。ふだん聞けない互いの超絶視点トークが炸裂します!

★《トーク2》8/19(日)17:15の上映後は【HARBORTALEメイキングの秘密!】

いくつもの謎がちりばめられている本作を、監督自身が豊富な映像資料を駆使して特別に解説。作品の魅力を深く知るまたとない機会です。

★《トーク3》8/23(木)17:15の上映後のトークゲストはジェイムズ下地さん☆
本編の音楽プロデュースを手がけたTVCMや映画のサウンドクリエイター下地さん。数々のヒット作を手がけた鬼才とのトークが楽しみです!

★《アニメ制作体験ワークショップ》

8/18(土)/19(日)各10:00上映後。伊藤監督とI.TOONスタッフの直接指導でコマ撮りアニメーション制作に参加できます!
(小学生対象:事前申し込み制各日先着20名)

※ 申し込み・問い合わせはI.TOON

(tel 045-222-6255/E-mail:itoon@mu2.so-net.ne.jp)まで。


○ユーロスペースHP:http://www.eurospace.co.jp/index.html

○ HARBORTALE公式サイト:http://harbortale.com/

キアロスタミ等世界の才能を発掘、公開してきた東京で最もディープな映画館「ユーロスペース」での短編アニメーション単独公開は初めての快挙です!
人形アニメーションの聖地チェコ共和国ZLIN FILM FESTIVALにてアニメーション部門最優秀賞&観客賞を受賞した「HARBORTALE」のいわば凱旋上映をどうぞお見逃しなく!☆

☆☆☆ 今回会場にてチェコZLIN受賞記念の特別限定グッズを販売します☆☆☆

(ブリック君Tシャツ/特制カンバッヂ/アートプリント等)
※サイズ、数量に限りがありますのでご了承ください。

2012-7-31 21:39
第14回広島国際アニメー ションフェスティバルでの特別上映8月23日から27日まで行われる第14回広島国際アニメーションフェスティバルにおいて、
名誉会員の高橋克雄氏の特別プログラムが決定しました。

日時場所
8月26日 11時30分より
アステールプラザ中ホールにて

上映作品
1. 一寸法師
2. かぐやひめ
3. 野ばら
他を予定

特に外務省制作「かぐやひめ」は国内の映画祭では初の上映となります。

当日、ご息女、東京中央プロダクションのプロデューサー 草野佳里子氏(ASIFA会員)の
トークがあります。
2012-7-31 21:38
第14回広島国際アニメー ションフェスティバル2年に1度行われる広島国際アニメーションフェスティバルが、
今年の8月23日から27日までアステールプラザにて開催されます。

本大会は国際名誉会長にイギリスのアードマン・アニメーションズ
共同オーナーであるピーター・ロード監督を迎え、監督の最新作の
上映や、チェコが生んだ人形アニメーションの巨匠、イジィ・トルンカ氏の
特集、昨年急逝した相原信洋監督の回顧上映などが行われます。
もちろん世界各地から集まったアニメーションのコンペティションが
最大の目玉です。日本人作家も多数ノミネートされています。

会場
〒730-0812 
広島市中区加古町4-17
アステールプラザ

URL http://hiroanim.org
2012-7-22 16:17
「放課後ミッドナイターズ」公開のお知らせ「放課後ミッドナイターズ」公開のお知らせ


会員の竹清仁監督の初長編作品「放課後ミッドナイターズ」が
8月25日より全国ロードショーされます。
それだけにとどまらず5ヶ国同時公開も決定。
数々のアニメーション映画がこの夏公開されますが、本作も是非
御覧下さい。

公式サイト
http://afterschool-midnighters.com/

<STORY>
名門•聖クレア小学校の学校見学会。立ち入り禁止区域に
迷い込んだ大人顔負けのスーパー幼稚園児マコ、ミー コ、
ムツコ(通称マ•ミ•ム)は、取り壊し寸前の理科室でガラスケース
に陳列された人体模型(キュンストレーキ) を発見し、「気持ち
悪いはだかんぼさんをかわいくしてあげよう」と、あらん限りの
テクニックで飾り立てる。
日中は身動きが取れないキュンストレーキの怒りは真夜中に爆発。
相棒の骨格標本ゴスと共に、夜な夜な動き出すその名も
“放課後ミッドナイトパーティ”
何も知らずに閉館後の校舎に舞い戻るマ•ミ•ム。
ついに始まるミッド ナイターズとマ•ミ•ムの大激突。
はたしてこの結末はいかにー。

■企画・監督:竹清仁
■脚本:小森陽一
■音楽:北里玲ニ
■音響効果:笠松広司
■CG プロデューサー:田中賢一郎
■エグゼクティブプロデューサー:紀伊宗之
■プロデューサー:伊藤耕一郎/平田武志
■製作:「放課後ミッドナイターズ」製作委員会
■配給:株式会社ティ・ジョイ
■主題歌:ねごと 「Re:myend!」(Ki/oon Music)
■声の出演/山寺宏一、田口浩正、戸松遥、雨蘭咲木子、寿美菜子、
小杉十郎太、谷育子、家中宏、茶風林、松本大、郷田ほづみ、屋良有作
大塚芳忠、黒田勇樹(アルバイト)、伊瀬茉莉也、下崎紘史、飯塚昭三
2012-7-9 23:32
『The Art of Puppets 2012』さまざまなジャンルの作家によるアートなパペットの展覧会です。

10年続いた『指人形展』"The Art of Finger Puppets"を昨年からリニューアルした『パペット展』"The Art of Puppets"。
広い意味での<動かして楽しむための人形>を集めた展覧会です。
これまでの「指人形」はもちろん、手遣い人形(ハンドパペット)、糸あやつり人形、棒遣い人形などなど、スタイルを問わない、動かして楽しめるアートなパペットが大集合です。参加作家もグンと幅広くなりました。
総勢26名!
世代を超えたさまざまなジャンルの作家たちの自由な発想から生み出される、大人の想像力を刺激する新作パペットの数々に、どうぞご期待ください。

●参加作家
朝隈俊男・ami大久保美江・アヤ*シイ・石田百合・井上文子
宇野亞喜良・太田拓美・Orangeparfait・片岡昌・川口新
kinokosupa・工藤和也・佐久間奏多・しみずちか・杉田明十志
高橋あおい高橋渉・たけだちま・田島享央己・野崎一人
林恭三・ HaraTie・山本由也・若林由美子
保坂純子(JAA会員)・森まさあき(JAA会員)

期日:2012年7月14日(土)〜7月21日(土)
    11:00〜19:00 期間中無休
会場:飯田橋「パペットハウス」1Fギャラリー
    新宿区下宮比町1-8 
    JR飯田橋駅・東口より徒歩2分
    Tel: 03-5229-6477
    詳しい内容はこちら
http://www.puppet-house.co.jp/exhibition/art_of_puppets_2012.html
2012-7-9 23:24
協会員の受賞について 山村浩二監督が、第30回(2012年度)川喜多賞を受賞することになりました。

川喜多賞は、故川喜多長政・かしこ夫妻、川喜多和子と親娘二代が半世紀以上に渡る長い間、映画を通じて国際間の友好を深め、理解を増すことに努めた業績を記念し、日本映画の芸術文化の発展に甚大なる功績を残された個人又は団体、映画を通じての国際交流に顕著な功績を残された個人又は団体に贈賞します。
贈賞式は毎年7月27日のかしこ前理事長の命日に開催されます。

http://www.kawakita-film.or.jp/


水江未来監督の作品『Modern No. 2』が、去る6月に開催されたアヌシー国際アニメーションフェスティバルにて、短編部門SACEM賞(音楽賞)を受賞しました。

名誉会員の久里洋二監督が去る6月に開催されたザグレブ国際アニメーションフェスティバルにて、特別功労賞を受賞しました。

また、和田淳監督の作品「グレートラビット」が一般部門の短編コンペティションで受賞しました。

おめでとうございます。
2012-6-13 17:54
古川タク「あそびココロ」1本の線から古川タク「あそびココロ」“一本の線から”
 

場所:ふなばしアンデルセン公園
    子ども美術館 展示室1・2
    〒274-0054 千葉県船橋市金堀町525番

会期:2012年6月16日(土)〜8月5日(日)
時間:9:30〜16:00
 ※土日祝は、17:00まで
 ※7/20〜は、全日17:00まで
 ※最終日は、15:00まで
 ※7/16 , 23 , 30 は、開館 
休館日:毎週月曜日

<概要>
国内外で活躍する、アーティスト古川タクのシンプルであたたかく、そしてちょっと皮肉なユーモア溢れる世界を紹介。『おもちゃ箱』をひっくり返したような楽しさが会場いっぱいに広がります。(サイトより)

http://www.park-funabashi.or.jp/and/atorie/tenji/201206/index.htm

« 1 2 3 4 5 6 7 (8) 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ... 30 »

▲このページのトップへ戻る

ホームごあいさつJAAニュース活動実績アニメーション世界のアニメーションフェスティバル情報JAA会員紹介お問い合わせサイトマップ|English