• ごあいさつ
  • JAAニュース
  • 活動実績
  • アニメーション
  • 世界のアニメーション
  • フェスティバル情報
  • JAA会員紹介
イントゥ・アニメーション6
JAAニュース
日本アニメーション協会事務局に集まるニュースをお届けします。
2012-5-14 2:02
会員情報協会員情報です。
鉄道写真家の南正時さんが5月26日(土)6月2日(土)の
2週にわたりテレビ出演します。

キヤノンプレミアムアーカイブス・写真家たちの日本紀行
2012年5月26日(土曜日)、6月2日(土曜日)
午後7時30分〜(翌週土曜日ひる2時から再放送)

BSジャパン 7チャンネル
ナレーター 竹下景子 
番組ホームページ
http://www.bs-j.co.jp/shashinka/#

日本を代表する写真家が、それぞれこだわりの地を訪ねます。
南さんは福島県の「会津鉄道」と、茨城県「ひたちなか海浜鉄道」を
キャノンEOS5DMarrk靴鮖藩僂靴椴垢靴泙后
共に大震災後の風評被害、鉄道被害を受けた鉄道で、
その復興の様子なども取材されているそうです。
2012-5-2 10:42
ヒトコマまんが展本日から7日まで東京・原宿にある積雲画廊にて、
会長の古川タクさん、名誉会員の久里洋二さんが
参加しているヒトコマまんが展が開催されています。

参加作家(敬称略)
久里洋二/山口マサル/カサマツヒロシ/矢野徳
ウノカマキリ/前川しんすけ/古川タク/市野智絵
二階堂正宏/秋竜山/千葉督太郎


原宿 積雲画廊
http://www.sekiungarou.com/myinfo.htm

AM11:00〜PM19:00(最終日のみ17:00 )無休
2012-3-30 12:08
花開くコリア・アニメーション2012★花開くコリア・アニメーション2012★
Korean Independent Animation Film Festival

韓国アニメーションでお花見はいかが?
話題の短編25作+長編1作の26作品を一挙上映!
花開くコリア・アニメーション、略して花コリ!
韓国唯一のインディーズ・アニメーション映画祭の新作一挙上映!
今年で5回目となる今回の上映会では韓国唯一のインディペンデント映画祭Indie-AniFestの作品の中からLife、City、Natureの3つのテーマで選んだ短編25作品と、アヌシー映画祭招待作品の長編「家」を上映します。
水江未来監督司会で2011年に韓国で開かれた10秒アニメーションフェスティバルの企画者でもありアヌシー映画祭でノミネートしたレゴアニメーション『Ah』のイ・ソンファン監督が来日、自身の作品の制作秘話や最近の韓国アニメーションの新しい動きについて熱く語っていただきます!

<詳細>

会期:4月7日〜8日
会場:アップリンク・ファクトリー (東京会場)
料金:
1プログラム(トーク付きの回も含む) 1,200円
UPLINKホームページにてメール予約1,000円http://www.uplink.co.jp <http://www.uplink.co.jp/>
3回券3,300円、パスポート4,000円、学生1,000円

<原画特別展示@アップリンク・ギャラリー>
展示期間4月4日(水)〜9日(月)
12:00〜22:00 入場無料
参加作家:キム・ジュン、チャン・ヒョンユン、ヨン・サンホ、ホン・ハクスン
主催:UPLINK、韓国インディペンデント・アニメーション協会(KIAFA)
後援:大韓民国文化体育観光部(予定)、韓国文化院、日本アニメーション学会、日本アニメーション協会

*東京後、大阪、名古屋と巡回予定。
各会場で入場料、イベント内容が異なりますのでHPでご確認ください。
■大阪:4月14日(土)〜19日(木)
■名古屋:5月12日(土)・13日(日)

最新情報はTwitterをフォローしてゲット! anikr2012
facebook ファンページ:http://www.facebook.com/koreanimation
詳細は公式HPで!
http://www.anikr.com
2012-3-30 12:07
当ニュース欄について平素より日本アニメーション協会(JAA)公式サイトをご覧いただきありがとうございます。当ニュース欄についてご説明させていただきます。
当欄はJAAの公式サイト内に設置されている事から、基本的に協会員またはJAAが関係する情報を掲載しております。それゆえ総合アニメーションニュースサイトと同等の情報量を網羅する事は叶いません。
ご理解いただけますよう宜しくお願い申し上げます。
2012-3-18 7:28
協会員情報「画力デッサン 人体と女の子」会員情報です。
協会員で映画「緑子」の監督である黒坂圭太さんが本を出版されます。

●「画力デッサン 人体と女の子」黒坂圭太 著
アニメーション作家、黒坂圭太の作画方法を伝授!身体パーツの分割比率、動きのある絵、重心とバランスなどの基本から、記憶と想像で描くマンガ&アニメ画への応用まで。キャラクターデザインのための新しいデッサン技法書です。
2012年3月25日 初版発行
B5 変型判 並製 総168 頁
定価:本体2,000 円(税別)
発行/発売 グラフィック社

また、それに関連し、出版記念イベントが開催されます。

■「画力デッサン 人体と女の子」出版記念イベント
【日時】3 月23 日(金)
OPEN 17:00
START 18:00
【場所】浅草橋天才算数塾
http://sansujyuku.tumblr.com/
入場無料/ワンドリンクオーダー(500 円)
「画力デッサン 人体と女の子」会場即売会
(購入特典サイン・イラスト付き)

【主催】グラフィック社編集部
【協力】天才算数塾、ミストラルジャパン
【出演】黒坂圭太/ゲスト:古屋兎丸

独特な画風と世界観で人気を誇るアニメーション作家・黒坂圭太。その魅力を存分に活かした、デッサン入門書が出来ました!思春期にさしかかる10〜12 歳頃の少女をモチーフに、イメージ、立体、筋肉、陰影、動きなど基本的な知識を覚えていきます。今まで明かされなかった黒坂画法の秘密が学べるのは本書だけ!この本の出版を記念して、浅草橋で発売イベントを行います。実寸サイズの女の子を描くドローイングライブ、黒坂が美少女画の大先輩と仰ぐ漫画家・古屋兎丸をゲストに迎えたお絵かきトーク、誰でもかわいい女の子が描ける!「黒坂先生のお絵かき教室」(優秀賞には発売本を贈呈)を行います。イベント会場では本の購入特典として、黒坂圭太によるイラスト入りサイン会を行います。当日遠方で来場いただけない方にはUstream でのイベント映像配信
もあります。絵描きや絵の描きたい人には熱い夜!お誘い合わせの上、ご来場ください!
http://www.ustream.tv/channel/ぷりぷりtv)
2012-3-5 0:57
ヒネモスとアニメーション09年に行われたJAAのイベント、INTO Animation5
にて演奏を行って下さった楽団「ヒネモス」のイベントです。
アニメーションに合わせた生演奏も行われます。
詳細は以下の通りです。


【ヒネモスとアニメーション】
《東京公演》
日程:2012年4月15日(日) 
開場 18:00 開演 19:00
場所:サラヴァ東京

〒150-0046 東京都渋谷区松濤1丁目29-1
渋谷クロスロードビル B1
TEL/FAX 03-6427-8886
http://l-amusee.com/saravah/access.php

料金:(1ドリンク込み)
前売り/ 2.500円 当日/ 3.000円

☆公演内容
【第一部】ヒネモスの世界(ライブ演奏)
【第二部】アニメーション(アート・アニメーションの上映)
【第三部】ヒネモス×アニメーション
(ヒネモスの生演奏付きでのアニメーション上映)

ご予約は、 info@e-hinemos.com
ヒネモス公式HP:http://www.e-hinemos.com/

《大阪公演》
日程:2012年4月1日(日) 開場 10:00 
ヒネモスの出演時間 : 11:00 / 13:00 2回公演
場所:第16回 なにわ人形芝居フェスティバル
料金: フリーパスシール
(全会場共通パス/一部別途有料公演あり)700円

*こちらの公演内容は、
ヒネモスのミニライブと【第三部】ヒネモス×アニメーションを
上映致します。
2012-3-1 11:51
「アニメミライ」北海道初上映会のお知らせ協会員のいがらしなおみさんからの情報です。


アニメ制作現場の人材育成と、日本のアニメの振興を図る目的で2010年から始まった文化庁のプロジェクト【若手アニメーター等人材育成事業】アニメミライ。
アニメミライ北海道初上映が全国上映に先がけて3月10日(土)に決定しました。
札幌のみの特別プログラムとして2011年度4作品と2012年度作品4作品の計8作品(各25分)を一挙無料上映!
さらにスペシャルシンポジウムとしてアニメミライ2012年度作品、3作品のアニメーション監督
・友永和秀監督『BUTA』監督(テレコム・アニメーションフィルム)
・川又浩監督『ぷかぷかジュジュ』監督(アンサー・スタジオ)
・海谷敏久監督『わすれなぐも』監督(プロダクションI.G)の3氏が来札!
北海道からアニメーションの未来を考えます。

文化庁
平成23年度若手アニメーター等人材育成事業

若手アニメーター育成プロジェクト「アニメミライ」札幌上映会(入場無料)

日時/2012年3月10日(土) AM10:30 START
場所/北海道安達学園 2号館8階 大通公園ホール
〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西9-3-12

プログラム
◆10:00開場 10:30開始 (各回入替制)
★1部/10:30〜12:10(100分)
「キズナ一撃」「おぢいさんのランプ」「万能野菜ニンニンマン」「たんすわらし。」
★2部/13:00〜14:40 (100分)
「しらんぷり」「ぷかぷかジュジュ」「BUTA」「わすれなぐも」
★3部/15:00〜16:30 (90分)
シンポジウム「アニメの未来を北海道から考える」
【スペシャルゲスト】
・友永和秀監督『BUTA』監督(テレコム・アニメーションフィルム)
・川又浩監督『ぷかぷかジュジュ』監督(アンサー・スタジオ)
・海谷敏久監督『わすれなぐも』監督(プロダクションI.G)

●入場時間になりましたら先着順に入場して頂きます。入場の合図まで一階のロビーでお待ち下さい。
●収容人数は約400名ですが、入場者多数の場合は整理券配布にて制限をする場合がございます。
●一部と二部の間のみ入替制となりますので、8Fフロアーか1Fロビーでお待ち頂きます。

■主催:北海道アニメーションプロジェクト+A
http://www.plus-a.in/
■特別協力:アニメミライ事務局
■協力:北海道安達学園 専門学校札幌マンガ・アニメ学院/北海道アニメーション教育協議会
2012-2-19 10:47
和田淳監督作品「グレートラビット」受賞協会会員の和田淳さんの新作「グレートラビット」が第62回ベルリン国際映画祭の短編部門で銀熊賞を受賞しました。
和田さんは大学在学中より独特な世界観の作品で注目を集め、各国の映画祭でも多数受賞経験があります。今後の活躍が期待されるアニメーション作家の一人です。おめでとうございます。
2012-1-26 12:17
加藤久仁生展 東京会場開催協会員の加藤久仁生監督の展覧会のお知らせです。青森会場が終了し、2月10日から東京会場が始まります。その後、愛知、鹿児島と巡回します。
加藤監督が09年にアカデミー賞短編アニメーション部門で日本人初の受賞をした「つみきのいえ」ののスケッチや、絵コンテ、現在絵本雑誌「MOE」にて連載中の「あとがき」の原画やスケッチも展示され、今回の展示用に制作した「情景」も上映されています。

■会場:八王子市立夢美術館(東京都)
■会期:2012年2月10日(金)〜3月25日(日)
■サイト:http://www.yumebi.com

2012年4月21日(土)〜6月3日(日)    
刈谷市美術館(愛知県)

2012年7月21日(土)〜9月17日(月・祝) 
長島美術館(鹿児島県)


主催:加藤久仁生展実行委員会、朝日新聞社
企画協力:ロボット
協力:白泉社
後援:日本アニメーション協会、東奥日報社、デーリー東北新聞社、青森放送、青森テレビ、青森朝日放送、めんこいテレビ、エフエム青森、コミュニティーラジオ局BeFM、十和田市教育委員会
2012-1-3 23:55
謹賀新年新年あけましておめでとうございます。
平素より日本アニメーション協会公式サイトを御覧いただきありがとう
ございます。
当ニュースページは主にJAA会員が関わる、上映、イベント、作品
番組、出版等をお伝えしております。
本年も、皆様に興味を持っていただけるようなニュースをお伝えして
いければと思っておりますので、よろしくお願い致します。


メールフォームからお問い合わせ頂いた方々へご連絡申し上げます。
当協会ならびに当ホームページは会員の相互協力のもとで成り立って
おります。
そのため、お問い合わせに対しご返答が遅延する場合がございます。
また内容によっては、ご返答を行う事が出来ない場合もございます。
そして当協会では所属されている作家の作品管理や配給は行って
おりません。
何卒ご理解頂けますようお願い申し上げます。

« 1 2 3 4 5 6 7 8 (9) 10 11 12 13 14 15 16 17 18 ... 30 »

▲このページのトップへ戻る

ホームごあいさつJAAニュース活動実績アニメーション世界のアニメーションフェスティバル情報JAA会員紹介お問い合わせサイトマップ|English