• ごあいさつ
  • JAAニュース
  • 活動実績
  • アニメーション
  • 世界のアニメーション
  • フェスティバル情報
  • JAA会員紹介
<{$xoops_modulename}>
日本アニメーション協会事務局に集まるニュースをお届けします。

シネマコリア2009 韓国古典アニメ特集

2009-9-29 21:53
シネマコリア2009 韓国古典アニメ特集
今年のシネマコリアは、韓国の古き良きアニメ映画を上映。監督をお招きし、黎明期の韓国アニメの話しを伺います!上映作品は『少年勇者ギルドン』(1967)と『ロボット・テコンV』(1976)。いずれも韓国では長らく「幻の作品」 となっていましたが、近年フィルムが発見され、復元&復活上映された韓国を代表する名作古典アニメです。当日は「韓国アニメの父」ともいえる両作品の監督が来場。韓国アニメーション黎明期をリアルタイムで知るVIP2名による来日トークは、これが最初で最後かも?!2009年秋、韓国アニメを発見する!

●キャッチコピー 「発見! 黎明期コリアン・アニメーションの世界」
●開催日:11月7日(土)
●会場:愛知芸術文化センター 12階アートスペースA
日付 開場 開演 作品名
11月7日(土) 12:40 13:00 『少年勇者ギルドン』(75分)
15:10 15:30 『ロボット・テコンV』(80分)
17:40 トーク「韓国アニメーションの黎明期」(80分)
『少年勇者ギルドン』
韓国/原題ホン・ギルドン/1967年/75分/監督シン・ドンホン/日本語吹替版
ハングルで書かれた最古の小説『洪吉童伝』の主人公としてお馴染み、義賊のヒーロー、洪吉童(ホン・ギルドン)の活躍を描いた韓国初の長編劇場アニメ。
『ロボット・テコンV』
韓国/1976年/80分/監督キム・チョンギ/日本語字幕付
韓国人なら知らぬ者のいないロボット・アニメの代表作。1976年に劇場公開されるやいなや空前の大ヒットとなり、韓国に劇場アニメ・ブームをもたらした。

主催?シネマコリア http://cinemakorea.org/
お問い合わせ:シネマスコーレ TEL052-452-6036

<シネマコリア企画担当者様よりご連絡頂きました。本内容に関しましては、当協会ではなく上記のお問い合わせ先へよろしくお願い致します。>

▲このページのトップへ戻る

ホームごあいさつJAAニュース活動実績アニメーション世界のアニメーションフェスティバル情報JAA会員紹介お問い合わせサイトマップ|English